ホーム 泥染め 折り皺 ダニの対策 日常のお手入れ












日 常 の お 手 入 れ
個別のお手入れについては表にまとめておきましたが、畳の大敵は何といっても汚れと湿気です。
部屋を閉め切ることを避け、意識して1日1回は部屋の換気をして下さい。特に新しい藺草表ではまだ藺草の
内部に残っている葉緑素によりデンプンが作られております。これがカビの原因になりますので、畳が新しい
間はとくに注意が必要です。
 時には畳の隙間、裏面にも風を通して下さい。町内揃っての
 大掃除、畳干しの習慣がなくなって久しいのですが、やはり年
 2〜3回くらいは畳の裏面まで空気を通しきれいにしたいもの
 です。
 具体的には天気のよい日に、左図のように畳の片面にペット
 ボトル等を支えにして持ち上げておくだけでも十分効果があり
 ます。
 この時、畳を立てかけたり移動させたりする場合は元の位置
 と方向を記録しておかないと畳が入らなくなることがあります。
 ご注意下さい。
 また湿気の問題以外にも、害虫とくにダニの発生原因の1つ
畳の裏面に風を通す  に “ハウスダスト” が指摘されております。
上記要領で畳に風通しした際、畳の隙間、裏面に掃除機をかけておけば効果的です。


  畳の上手なお手入れ方法
  畳表の種類
   時期等      い草製畳表の場合     和紙製畳表、PP製畳表の場合
 敷込み直後 ・ 畳の目にそって掃除機をかける。
・ 数回の乾拭きをする。(濡れ雑巾禁止)
・ できるだけ直射日光を避ける。
・ 意識して換気する。
・ 1日1回、部屋の空気の入替えをする。
・ 1年に2〜3回、天気の良い日に畳の
  裏面、タンスの裏側にも風を通す。
・ 畳の目にそって掃除機をかける。
  → これだけで十分です。
・ 1日1回、部屋の空気の入替えをする。
・ 1年に2〜3回、天気の良い日に畳の
  裏面、タンスの裏側にも風を通す。
 日頃の手入れ
 汚れた時 ・ 早目に拭取り、乾燥させる。 ・ 早目に拭取り、乾燥させる。
  → 中性洗剤、食器用洗剤の使用可能。
  → 古い汚れには漂白剤 (2倍希釈) も
    使用可能。
 凹んだ時 ・ まず予防;重量物には当て板をする。
・ 自然放置で徐々に回復します。
・ 急ぐ時は、ハンドスチーマー、スチームアイロン等で
 加湿する。
・ まず予防;重量物には当て板をする。
・ 自然放置で徐々に回復します。
・ 急ぐ時は、ハンドスチーマー、スチームアイロン等で
 加湿する。
(PP製畳表には厳禁です。)
 カビた時 ・ まず予防;畳の上に敷物は置かない。  
  → 梅雨時は除湿機が効果的です。
・ 掃除機、“亀の子たわし”でカビを取り除
  き、薬用アルコールで消毒後、よく乾燥
  させて下さい。
・ まず予防;畳の上に敷物は置かない。  
 → 梅雨時は除湿機が効果的です。
・ 掃除機、“亀の子たわし”でカビを取り除
  き、薬用アルコールで消毒後、よく乾燥
  させて下さい。
 虫が出た時 ・ 白アリの場合;専門業者へ依頼。
・ その他の虫の場合;バルサン等で駆除
  後カビの場合と同様の処理をして下
  さい。
・ 白アリの場合;専門業者へ依頼。
・ その他の虫の場合;バルサン等で駆除後
  カビの場合と同様の処理をして下さい。
 その他 ・ 2〜3年で裏返し、4〜5年で表替えする
 ことをお勧めします。
・ 4〜5年で裏返し、8〜10年で表替えする
  ことをお勧めします。