ホーム 泥染め 折り皺 ダニの対策 日常のお手入れ












藺 草 表 の 泥 染 め
畳のお手入れ方法を新畳の場合と日常の場合について説明いたします。
新畳あるいは表替え直後、藺草製畳表を使った場合に特有の“泥染め”と“折皺”の問題が出ることが
あります。
藺草表を作る過程で“泥染め”という独特の処理を行っています。
収穫した藺草を、非常に細かい粒子の陶土を溶かし込んだ泥水に浸した後、乾燥させます。
藺草の表面に付いた陶土が潤滑剤となって、乾燥した藺草が折れないように保護するのが主たる目的
ですが、畳表に織った後もこの泥が表面に残ります。
新しい藺草表が白い粉を吹いているとか埃っぽく見えるのはこのためです。
新しい畳の上に乗ると足の裏が白くなる、その足でフローリングを歩くと足跡がつくなど・・・経験された
方も多いと思います。
少し前より、藺草表の出荷時にブラッシングして泥を落す、あるいは特殊樹脂でコーティングして簡単には
泥が付かないような工夫をしておりますが、多少の問題は残っております。
そのため、藺草表を使った畳のお手入れの第一歩は敷き込み直後に、畳表の乾拭きをすることから始ま
ります。泥の粒子が非常に細かいため簡単には除去出来ず、数回から10回程度の乾拭きが必要となり
ます。なお、濡れ雑巾で拭きますと拭きムラが残ってしまうためお奨めできません。