ホーム 襖の構造 障子の構造 襖・障子の寸法 襖紙の種類 障子紙の種類











襖 の 構 造
和室において畳と同様、目につくものに襖、障子があります。
和室離れ?が進むにつれ襖、障子も減少状態にあり、手入れもとかくなおざりにされている感じを
受けます。しかしながら材料は殆どの場合自然素材であり、落ち着ける環境演出に加え吸放湿性能
等、内装仕上げ材として好ましい性能を持っております。
なにより見付面積が広いため、襖紙の張替え、柄選びにより部屋の明るさ、見栄え等に大きな効果
が得られます。

襖には大きく分けて木製の格子組に紙を貼った本襖と呼ばれるもの、および発泡スチロールやダン
ボール製の板材に襖紙を貼ったスタイロ襖、ダンボール襖と呼ばれるものの2種類があります。
本襖は古くより使われており手作業によるところが多く、スタイロ襖、ダンボール襖は生産性に優れ
規格品に多く使われています。
       本襖の構造 スタイロ襖の構造
                      
図からも分かりますように襖は大きな面積に比較し薄いため常に“反り”に配慮した扱いが必要に
なってきます。
そのためには襖紙を貼る時は表裏同時に行うことが原則です。実際、襖紙は十分水に含ませて貼り
乾燥に伴って襖紙が収縮することにより皺がなくなりきれいな仕上りとなります。この時、表裏で収縮
力のバランスをとらないと襖が反る原因になってしまいます。

また畳、襖、障子等、日本古来の部材は小まめに手入れし長く使うように考えられております。
従って襖紙も単に剥れないように強く貼るだけでなく、次回貼り直しする時のことを考えて、薄いデン
プン糊を襖紙の周辺にのみ付けるようにしております。
従って一般の方が接着力の強いボンド等を用いて貼ったもの、あるいは “アイロンで加熱することに
より襖が貼れます” が売り文句のホットメルト系接着剤で貼ったものは次回の貼り直しがきれいに
出来ないと言っても過言ではありません。
      
戸 襖 の 構 造
和室と洋室、廊下等の間を仕切る建具に戸襖があります。
一般にフラッシュ構造の建具を用い、多くの場合洋室側は化粧板やクロスで仕上げられ、和室側は
襖紙が貼られます。厚さは襖の約20mmに対し戸襖では約30mmありますので、木製戸襖の場合、
片面のみを貼っても反る心配はありません。
但し、近年スタイロ襖、ダンボール襖と同じ構造で、単に厚みを増したものが使われていることがあり
ます。この場合は両面同時に貼ることをお奨め致します。